週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

N.Y. スーパーボウル開催日 ミュージカルでCM=伊熊啓輔

ブロードウェーの「タウンホール」(筆者撮影)
ブロードウェーの「タウンホール」(筆者撮影)

 米国では2月の第1日曜日(今年は3日)は、プロアメリカンフットボールの頂上決戦「スーパーボウル」が行われる「スーパーサンデー」だ。テレビ中継は常に年間視聴率トップで全米で1億人が視聴するためテレビコマーシャルは30秒枠525万ドル(約5億7600万円)にもかかわらず完売となる。スポンサーはこの日のために新しいCMを制作する力の入れようだ。1日の食料消費量が感謝祭に次いで2番目の日でもあり、食品メーカーもCMスポンサーになる。

 大手菓子メーカー「マース」は2015~17年、スーパーボウル中継のスポンサーとなり、キャンディー「スキットルズ」のCMを放映。しかし観戦中に食べてもらうには事前の宣伝が必要だと考え、今年はスーパーボウル当日開催前に午後1回きりのブロードウェー・ミュージカルを企画した。

残り213文字(全文563文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事