週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

米中摩擦でも堅調な対中投資 外資の「中国離れ」は限定的=岸田英明

    上海EV工場の起工式に出席した米テスラのイーロン・マスクCEO(右から2人目)
    上海EV工場の起工式に出席した米テスラのイーロン・マスクCEO(右から2人目)

     2018年の中国の主要経済統計がおおかた出そろった。新車販売台数が28年ぶりに前年を下回るなど、景気減速を示す数字が注目を集めたが、堅調だった指標もある。その一つが、海外から中国への直接投資(FDI)だ。

     中国商務部によると、18年の対中FDI(金融類除く)は前年比3・0%増の1349億ドル(約15兆円)。主要投資国の中ではシンガポール、韓国、英国、日本、ドイツ、米国がそれぞれ2ケタ以上の伸びを示した。18年は世界全体のFDIが前年から約2割落ち込む中、中国は前年を上回り、米国に次ぐ世界第2位の額を集めた。

     これらの数字に中国の当局者は安堵(あんど)したはずだ。18年は米国が対中制裁関税を発動させた7月以降、海外メディアの間で「外資の中国撤退論」がしきりに報じられた。成長減速や米中摩擦による事業環境の悪化で外資が対中投資を減らし、東南アジア諸国連合(ASEAN)などへ事業拠点の移転を加速させる、という論だ。だが実際には、この年の対中FDIの動きは堅調だった。特に下期には、米エクソンモービルの広東省で…

    残り1001文字(全文1458文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事