週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

米中摩擦でも堅調な対中投資 外資の「中国離れ」は限定的=岸田英明

    上海EV工場の起工式に出席した米テスラのイーロン・マスクCEO(右から2人目)
    上海EV工場の起工式に出席した米テスラのイーロン・マスクCEO(右から2人目)

     2018年の中国の主要経済統計がおおかた出そろった。新車販売台数が28年ぶりに前年を下回るなど、景気減速を示す数字が注目を集めたが、堅調だった指標もある。その一つが、海外から中国への直接投資(FDI)だ。

     中国商務部によると、18年の対中FDI(金融類除く)は前年比3・0%増の1349億ドル(約15兆円)。主要投資国の中ではシンガポール、韓国、英国、日本、ドイツ、米国がそれぞれ2ケタ以上の伸びを示した。18年は世界全体のFDIが前年から約2割落ち込む中、中国は前年を上回り、米国に次ぐ世界第2位の額を集めた。

     これらの数字に中国の当局者は安堵(あんど)したはずだ。18年は米国が対中制裁関税を発動させた7月以…

    残り1151文字(全文1458文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット