国際・政治エコノミストオンライン

中国政府が内需減速に危機感 低中所得層の消費喚起に注力=李雪連

    農村部の消費喚起なるか(湖南省)(Bloomberg)
    農村部の消費喚起なるか(湖南省)(Bloomberg)

     中国の2018年の経済成長率は前年比6・6%増と、1990年以来の低水準にとどまった。その背景として米中貿易戦争が注目されているが、実は、経済をけん引するはずの13億人の国内消費の落ち込みが大きく影響している。中国政府は、経済成長のけん引役を、製造業を中心とした供給サイドから、消費者中心の需要サイドに転換することを目指しているが、果たしてうまく移行できるのだろうか。

     国内消費の落ち込みが一番顕著に表れたのは、自動車販売である。新車販売台数は09年に米国を抜き、世界最大の市場になった。右肩上がりを続けていたが、18年は前年比2・8%減の2808万台と、28年ぶりに減少した。白物家電や携帯電話、パソコンなどの販売台数も軒並み前年割れとなっている(表)。中国では、マンションを購入した後、車や家電を買いそろえる消費パターンが一般的である。住宅販売の低迷が、自動車や家…

    残り2488文字(全文2873文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット