週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

論壇・論調 EU離脱、国境問題の修正焦点 英国、激変緩和に配慮で決着も=増谷栄一

    北アイルランドを訪問し、支持を求めるメイ首相(2月5日)
    北アイルランドを訪問し、支持を求めるメイ首相(2月5日)

     英国のEU(欧州連合)離脱協議は暗礁に乗り上げたままだ。EUへの離脱清算金390億ポンド(約5・5兆円)の支払いやEU市民の在留権の継続、北アイルランドとのハードボーダー(厳格な国境管理)回避で双方が合意した離脱協定案と、「EUとの将来の関係(自由貿易協定)」の大枠を示す政治宣言案が昨年11月のEUサミットで承認されたものの、英議会が1月15日、メイ首相が提出した離脱協定案を否決したためである。

     メイ首相は承認拒否を受け、1月29日に代案(プランB)を再提出した。しかし、代案に対し7本の修正動議が相次いで提出され、うち2本で政府が敗北。メイ首相は2月2日付の英紙『デイリー・テレグラフ』への寄稿文で、「EUに対し離脱協定案の修正を求めることが議会の総意だ」として、EUとの再協議を決めた。しかし、EUは完全拒否の構えで、たとえ協議が始まっても出口は見えず、ノーディール・ブレグジット(合意なし…

    残り1073文字(全文1473文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット