週刊エコノミスト Online東奔政走

歴史認識が食い違う北方領土交渉 遠のく「6月大筋合意」=及川正也

    「北方領土返還要求全国大会」であいさつする安倍晋三首相(右から2人目、東京都千代田区で2019年2月7日)
    「北方領土返還要求全国大会」であいさつする安倍晋三首相(右から2人目、東京都千代田区で2019年2月7日)

    「北方領土の日」の2月7日、政府と元島民団体などが主催する毎年恒例の返還要求全国大会が東京都千代田区の国立劇場で開かれ、例年よりも2割ほど多い約1800人が参加した。3カ月前から急激に走り始めた日露の平和条約交渉への関心の高さを示すものだったが、返還に向けた荒ぶる熱気に会場が包まれていたわけではなかった。

     安倍晋三首相は昨年11月のプーチン露大統領との会談で、歯舞群島と色丹島の2島を平和条約締結後に引き…

    残り2329文字(全文2532文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット