週刊エコノミスト Online独眼経眼

中国ショックは消えつつある=藻谷俊介

     1月初のアップル・ショックに続いて、1月17日には日本電産ショックが市場を襲った。最近は「ショック」がいささか乱用される感があるが、永守重信会長の「昨年11~12月の尋常ではない変化」という言葉には、筆者も強く同感せざるを得なかった。それに先立つ1月14日に中国税関が発表した2018年12月の貿易統計に当社で季節調整をかけた時、まさしく筆者も背筋が凍るようなショックを受けたからである。

     図1は、変化の中核となった中国の半導体輸入額である。その後、19年1月のデータで大きく回復していることが分かって安堵(あんど)したとはいえ、11~12月の落ち込み方は尋常ではなく、大規模な景気対策でせっかく底入れしつつあった中国経済が、再び悪化してしまう可能性が大いに高まった瞬間であった。日本電産は半導体企業ではないが、中国への半導体の流入が止まって生産できなくなれば、その周辺の部品も不要となり…

    残り688文字(全文1083文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット