週刊エコノミスト Online独眼経眼

米国の失業申請は景気後退のシグナル=藤代宏一

    米国の新規失業保険申請件数は景気後退のシグナル
    米国の新規失業保険申請件数は景気後退のシグナル

     米国の景気後退はいつ来るのか。2009年7月に景気拡大が始まってから丸10年が経過しようとしている今、市場関係者の関心はそこに集中している。米国の景気拡大の鍵を握るのはGDP(国内総生産)の約7割を占める個人消費と、その最重要ファクターである雇用だ。

     そこで雇用統計に目を向けると、失業率は3%台後半(政府機関一部閉鎖の影響を受けた今年1月は例外的に4・0%)まで低下しており、もはや低下余地が乏しい。また非農業部門雇用者数は足元こそ堅調な伸びが持続しているものの、労働コスト増加が企業収益を圧迫し始めており、近い将来に減速する可能性は否定できない。つまり、労働市場の変調に注意を払うべき時期に差し掛かりつつあるということだ。

     雇用情勢の悪化、すなわち景気後退の兆候をいち早く察知するには、労働市場から発せられる小さなシグナル…

    残り1075文字(全文1439文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット