週刊エコノミスト Online独眼経眼

地銀が赤字でも日銀が利上げしない理由=藤代宏一

企業から見た金融環境は改善している
企業から見た金融環境は改善している

 金融緩和の副作用に対処するために日銀が金融政策を修正するとの見方がある。ここでいう副作用とは、低金利によって貸し出し利ざやが縮小し、銀行収益が圧迫される結果、かえって金融仲介機能(主に貸し出し)が停滞するというもの。一部の地銀で本業のもうけを示すコア業務純益が赤字に転落したこともあり、最近では金融緩和が逆効果との見方も出てきた。

 日銀がこうした副作用に配慮すべく、金融緩和を見直すだろうか。筆者はその可能性が低いと判断している。

残り1242文字(全文1458文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事