週刊エコノミスト Online独眼経眼

過剰な増税対策は景気の谷を深める=斎藤太郎

     政府は、2019年10月に予定されている消費税率の引き上げが経済に影響を及ぼさないよう政策を総動員する方針だ。具体的な対策は、軽減税率の導入、幼児教育無償化、キャッシュレス決済に対するポイント還元、プレミアム商品券、自動車減税、国土強靭(きょうじん)化対策など多岐にわたっており、その規模も前回増税時(14年度)を大きく上回っている。

     これにより消費税率引き上げによる経済への影響は前回に比べて小さくなることは確実だ。増税前後の駆け込み需要とその反動も前回を下回るだろう。もともと、買い替えサイクルの長い住宅、自動車は前回の増税前に購入した世帯が多いことなどから、駆け込み需要はそれほど大きくならないと思われていたが、増税対策の拡充によってその可能性はより高くなった。ポイント還元や自動車減税などは増税前の買い控えをもたらす恐れすらあ…

    残り707文字(全文1075文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事