週刊エコノミスト Online独眼経眼

建機の稼働時間が示す景気底入れ=藻谷俊介

 親しい投資家からKOMTRAX(コムトラックス)を経済分析に利用するアイデアをもらったのは、もう何年も前のことである。KOMTRAXとは、コマツが自社製の建機、産機、鉱山機械などに1998年ごろから装備しているリアルタイムの情報収集装置であり、2001年ごろからは発売した全車両に例外なく実装され、13年の雑誌記事によると世界で約30万台が稼働しているようである。

 収集したさまざまなデータはコマツのセンターで常時把握されるが、最も初期から集めていたデータの一つが、機械が稼働中かそうでないかを示す数値だ。そして、建機の稼働時間が日中米欧の4極別に月次で集計され、ありがたいことにウェブサイトで誰でも閲覧できるようになっている。

残り789文字(全文1104文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事