週刊エコノミスト Online独眼経眼

景気調整の出口は近づいている=藻谷俊介

    図1 米国の大豆の輸出数量は昨年より大きい
    図1 米国の大豆の輸出数量は昨年より大きい

     米国株式の急落により、一定のレンジで上下していた世界の株式市場にも、再び下押しの圧力が出てきた。下落の勢いが近年まれに見るものであったゆえに、楽観的だった米国の金融市場でも、来たるべきものが来たと悲観する声が強まっている。連載一覧

     しかし、経済指標を見ると、特に今、悪化が深刻になっているわけではない。つまり、新たに出てきたバッドニュースではないのである。ひとり能天気だった米国を例外として、アジアや欧州ではとうに現実化していた景気調整が遅れて反映したと言えるだろう。米国勢が、いわば市場における最後の楽観論者であり、それが悲観側に移ってきたことで、むしろ間もなく1年になる世界景気の調整も、最終段階に入ったと考えるべきである。

     貿易戦争はどうなるのか、といぶかしむ読者もいるだろう。10月の米国株価急落に際しても、貿易戦争への…

    残り860文字(全文1225文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月2日号

    終活で頼れる 税理士・司法書士・社労士第1部 相続・事業承継26 大相続時代に広がる市場 「手続き屋」から「専門医」へ■岡田 英/黒崎 亜弓30 相続編 過払い相続税 「還付バブル」は崩壊 ■編集部32 未登記で済まず 要らない“負動産”どうする ■編集部33 司法書士団体が落札 所有者不明土地の持 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット