経済・企業独眼経眼

中国経済は減速から再加速へ=藻谷俊介

    図1 各国・地域からの対中輸出はそろって落ち込み
    図1 各国・地域からの対中輸出はそろって落ち込み

     金融市場の世論が非常に混沌(こんとん)としている。それは時間的な前後関係がきちんと整理されないために、因果関係が曖昧になっているためであろう。相対的に好調な米経済に引きずられる形で、日本経済についてもかなり楽観的な報道が最近まで尾を引いた。そのため、今ごろになって台頭している慎重論は、いずれも目下の問題である米中間の貿易戦争か、新興国の通貨問題を不振の理由にする傾向がある。

     しかし待ってほしい。日本の鉱工業生産は早くも年初から踊り場に入っている。以前も紹介した海外からの工作機械受注は、転換の遅い前年同月比ではようやく8月からマイナスになったのだが、季節調整ベースでは昨年末にピークアウトしている。その時点では、貿易戦争も新興国通貨の問題も発生してはいなかったことを忘れるべきではない。これまでの問題と、ここからの問題を混同してはならないのである。

    残り704文字(全文1081文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット