経済・企業独眼経眼

IT関連財の在庫増に歯止めかからず=斎藤太郎

    2018年7月の鉱工業生産指数(速報)は前月比0・1%の低下となった。6月速報と同時に公表された製造工業生産予測調査では、7月は前月比2・7%の高い伸びとなっていたが、西日本豪雨による工場の稼働停止の影響などから輸送機械を中心に生産計画から大きく下振れた。

     鉱工業生産は18年1~3月期に前期比1・3%減と8四半期ぶりの減産となった後、4~6月期は同1・3%増と持ち直したが、月次でベースでは5月から3カ月連続で低下している。6月は大阪北部地震、7月は西日本豪雨の悪影響が大きく、8月以降は挽回生産も期待できる(8月の製造工業生産予測指数は前月比5・6%)。このため、生産の回復基調が途切れてしまったとみるのは早計だが、8月、9月も台風上陸、大地震による工場停止が相次いでおり、生産が明確に上向くまでには時間がかかるかもしれない。

     自然災害による生産の下振れはいずれ解消されるが、1月9日号の本欄で指摘したIT関連財の在庫指数の上昇傾向に依然として歯止めがかからない点は気になるところだ。

    残り600文字(全文1044文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット