マーケット・金融独眼経眼

トランプは貿易戦争から拡張財政へ=渡辺浩志

図1 経済政策の巧拙がトランプ大統領の支持率を左右
図1 経済政策の巧拙がトランプ大統領の支持率を左右

 米中貿易戦争は中国の手詰まり感と米国の達成感が意識され始めた。

 中国の作戦は(1)報復関税、(2)景気対策、(3)元安容認だ。しかし、関税合戦は米中の貿易額に圧倒的な差があり、中国は米国に太刀打ちできない。ならば、と中国は景気対策を行い徹底抗戦の構えだが、これは経済の構造改革を棚上げにし、後に過剰債務や不動産バブル等をより深刻化させる。

 元安容認も破滅的だ。中国の金融緩和は米中金利差を縮小させ元安圧力を生むが、これは加速的な資本流出と止めどない元安の連鎖につながる。また、中国が元安を容認すれば米国は関税率を引き上げる。貿易戦争と通貨戦争の併発は中国経済に大打撃を与える。八方ふさがりの負け戦は習近平主席の政治資本をも毀損(きそん)しよう。もはや中国は、米国からの輸入拡大で貿易戦争の終結を模索するしか道はない。

残り744文字(全文1103文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事