経済・企業独眼経眼

財政拡張が米国景気を押し上げる=足立正道

    図1 米国の財政刺激効果は、2019年のほうが大きい
    図1 米国の財政刺激効果は、2019年のほうが大きい

     世界経済の最近の特徴は、株式市場の動きからみても鮮明だが、米国独り勝ちと言える。すなわち、全体として堅調でも、米国経済の強さと欧州・新興国との乖離(かいり)が鮮明になっているのだ。この構図が今後どう展開するかが市場の大きな関心事である。

     楽観論は、米国の強さに欧州や新興国がキャッチアップするシナリオ。一方、悲観論は、米国の強さが剥落して、世界経済全体が一斉に弱まるシナリオ。数年の間にどちらかになるとみておいていいだろう。

     米国の強さは財政拡張(減税)に伴うものであり、早々に息切れするのではないか、と思っている読者も多い…

    残り843文字(全文1106文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット