経済・企業独眼経眼

消費停滞の理由は賃上げの偏り=広野洋太

    図1 消費性向はシニア世代ほど高い(2017年)
    図1 消費性向はシニア世代ほど高い(2017年)

     個人消費の停滞が続いている。家計調査ベースで見た名目可処分所得がアベノミクス開始以降の2013年から17年にかけて1・5%増加したにもかかわらず、名目消費支出は2・4%減と弱い。

     所得のうちどれだけ消費へ回すかは消費性向という指標で測るが、一般的には名目消費支出を名目可処分所得で割った平均消費性向が使われることが多い。足元のように所得が増加する一方で消費が減少すると消費性向は大きく低下する。

     低下の背景は、節約志向や将来不安など心理的で定量化の難しい要因によって説明されることが多い。ただし、年齢構成など客観的に定量化できる要因も重要だ。

    残り792文字(全文1065文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット