マーケット・金融独眼経眼

株安の理由は、経済指標の悪化=藻谷俊介

    GDP(国内総生産)は既に頭打ち
    GDP(国内総生産)は既に頭打ち

     2月に世界規模で株価が急落してから半年が経過した。その間にも何度か楽観論が台頭したが、いずれも長続きせず、結果として相場はじわじわと後退した。

     もちろん今はトルコ・リラの暴落が株安の理由とされている。しかし、一つ一つの小さな理由はその場その場で付けられたものであり、単体で全期間を説明できるものではない。半年間、世界の金融市場を覆ってきた雲の正体は、筆者が本欄で解説してきたような、各国の経済指標の減速や悪化と考えるべきである。不安や臆測ではなく、現実の統計に表れた変化の反映だ。

     株価調整の長期化に業を煮やしたためか、最近になって景気報道にも多少の変化が見られるようになった。こ…

    残り782文字(全文1073文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット