週刊エコノミスト Online独眼経眼

公共投資は予算額より効果が小さい=星野卓也

    図1 GDPベースの公共投資は前期比減が続いている(2011年=100)
    図1 GDPベースの公共投資は前期比減が続いている(2011年=100)

     マイナス成長となった日本の2018年7~9月期GDP(国内総生産)。個人消費や輸出、設備投資と主要項目が自然災害の影響等で軒並みマイナスとなった。主要項目の陰に隠れているが、意外にも大きめのマイナスとなったのが公共投資である。

     1四半期前の経済予測では多くのエコノミストが昨年度編成された補正予算の効果が表れることで増加すると見込んでいたが、前期比1・9%減と比較的大きな幅のマイナスになった(図1)。公共投資はこれで5四半期連続の前期比減となる。

     なぜ、補正予算を組んだにもかかわらず、その効果が見えてこないのか。筆者の考える理由は二つある。

    残り776文字(全文1049文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月18日号

    税務調査が狙っている20 動き出した「富裕層チーム」 態勢強化で調査件数は大幅増 ■下桐 実雅子22 強化進む国際課税 海外口座情報55万件は国税庁の「宝の山」■高鳥 拓也/田邊 政行26 増税目前の消費税 不正還付へ対応強化 軽減税率で調査も混乱? ■桐山 友一27 「金取引」の抜け穴 不動産投資 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット