週刊エコノミスト Online独眼経眼

公共投資は予算額より効果が小さい=星野卓也

    図1 GDPベースの公共投資は前期比減が続いている(2011年=100)
    図1 GDPベースの公共投資は前期比減が続いている(2011年=100)

     マイナス成長となった日本の2018年7~9月期GDP(国内総生産)。個人消費や輸出、設備投資と主要項目が自然災害の影響等で軒並みマイナスとなった。主要項目の陰に隠れているが、意外にも大きめのマイナスとなったのが公共投資である。

     1四半期前の経済予測では多くのエコノミストが昨年度編成された補正予算の効果が表れることで増加すると見込んでいたが、前期比1・9%減と比較的大きな幅のマイナスになった(図1)。公共投資はこれで5四半期連続の前期比減となる。

     なぜ、補正予算を組んだにもかかわらず、その効果が見えてこないのか。筆者の考える理由は二つある。

    残り776文字(全文1049文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月26日号

    キャッシュレス徹底活用術20 “戦国時代”さながら乱立 果てしなきサービス競争 ■編集部23 ゼロから分かるQ&A キャッシュレス決済基礎知識 ■編集部/監修=宮居 雅宣25 徹底比較 1 QRコード決済 ペイペイが一気に認知度向上 ■鈴木 淳也28      2 非接触IC型電子マネー ポ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット