週刊エコノミスト Online独眼経眼

それほど伸びていなかった賃金=斎藤太郎

     賃金の基調が見極めにくくなっている。厚生労働省の「毎月勤労統計」は2018年1月調査で「調査対象事業所の部分入れ替え(ローテーション・サンプリング)」と「労働者推計のベンチマークの更新」を同時に行った。以前の総入れ替え方式では採用されていた過去にさかのぼった改訂が行われなかったため、17年12月以前のデータと断層が生じており、18年1月以降の賃金上昇率が実勢よりも高めに出ているのだ。

     厚生労働省は一部のデータについて、入れ替え対象外となっている共通事業所の前年同月比を参考提供してい…

    残り1120文字(全文1364文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット