週刊エコノミスト Online独眼経眼

シリコンサイクルと共に世界経済も反転=渡辺浩志

    図1 米中摩擦がスーパーサイクルへの移行を妨げた
    図1 米中摩擦がスーパーサイクルへの移行を妨げた

     世界経済の成長が減速している。その主因は、第一にシリコンサイクル(半導体需要の循環)の下降、第二に米中通商摩擦による世界貿易の萎縮と中国経済の悪化、第三に米国の金融政策正常化による市場心理の悪化にある。

     世界経済反転のカギは、(1)米中通商協議の進展、(2)FRB(米連邦準備制度理事会)のハト派化、(3)中国の景気対策の効果発現、並びに(4)シリコンサイクルの反転にあると思われる。その点、(1)、(2)には糸口が見え、(3)は効果が出るまでなりふり構わぬ追加策が打たれる見込みだ。ただ、これらは底割れ回避に過ぎない。世界経済が明確に上向くには、(4)のシリコンサイクルの反転こそが重要だ。

     そこでシリコンサイクルを半導体販売額の前年比でみると、通常は上昇局面と下落局面がそれぞれ2年程度続く傾向がある(図1)。今回は2016年後半から18年初めまでの2年間にわたって上昇したため、前例に従えば、下落局面は18年後半から20年初めまでとなる。シリコンサイクルがこれまで通りパソコンやスマートフォンの製品サイクルに規定されているなら、その反転は新製品のヒットを待つほかない。新製品発売が5G(…

    残り602文字(全文1099文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事