週刊エコノミスト Online独眼経眼

マイナス成長は1~3月期のみ=足立正道

    図1 鉱工業生産が大幅に減少し、実質GDPもマイナスへ
    図1 鉱工業生産が大幅に減少し、実質GDPもマイナスへ

     日本経済は2019年1~3月期に再び前期比マイナス成長に陥りそうである。最大の理由は、1月の鉱工業生産が季節調整済み前月比でマイナス3・7%と大幅に減少し、2~3月の製造業生産予測調査を踏まえると1~3月期の前期比が大幅なマイナスになりそうだからだ。

     経済産業省の上記予測調査を用いた2月の試算値はわずか0・4%の上昇にとどまっているほか、3月の予測値はマイナス1・6%となっている。1月の水準は既に昨年10~12月期を年率15・5%下回っており、2月の試算値と3月の予測値をそのまま適用すれば1~3月期はマイナス16・4%と、2014年の消費税率引き上げ後や11年の東日本大震災時を上回る減少となる。

     実際はそこまで弱くないかもしれないが、それでも大幅減少で、実質GDP(国内総生産)もマイナスになる…

    残り741文字(全文1093文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット