週刊エコノミスト Online独眼経眼

景気後退の回避策がバブルの芽に=渡辺浩志

    図1 過去のバブル期のような過剰債務はない
    図1 過去のバブル期のような過剰債務はない

     昨年末以降、米国の株価が軟調だ。急落の局面では、市場参加者から「バブル崩壊の始まり」あるいは「景気後退の予兆」との声も上がり、市場は悲観一色となった。

     昨年、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は講演で、過去2回の景気後退はバブル崩壊によって深刻化したと述べた。過去2回のバブルとは2000年ごろの株式バブルと06年ごろの住宅バブルを指す。当時は低金利を背景に、家計・企業が過剰債務を膨張させ、株式・住宅市場では資産価値の過大評価がみられた。

     しかし、現在の米国では、家計・企業の債務返済負担を表すデット・サービス・レシオは極めて低く、過剰債務はみられない(図1)。また、株価の過熱感を測るPER(株価収益率)は景況感と比べて下振れしているほか、住宅価格の上昇率は需給を表す在庫率と連動しているなど、資産価値の過大評価もみられない。現在の米国にはバブルの要素はなく、それゆえバブル崩壊による深刻な景気後退を心配する必要もない。昨今の株安は、景…

    残り670文字(全文1096文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事