教養・歴史書評

『アナログの逆襲 「ポストデジタル経済」へ、ビジネスや発想はこう変わる』 評者・池内了

    著者 デイビッド・サックス(ジャーナリスト) 訳者 加藤万里子 インターシフト 2100円

    若者をも魅了して復活 核は生きている実感

     現代はデジタル一辺倒時代へ移行する最初の時期で、まだデジタル交じりのアナログ時代であるが故に、私のような旧時代のアナログ人間も生きていける。30年先ともなれば、おそらくアナログが少しだけ交じったデジタル万能時代になって、私は時の流れから置き去りにされるのは確実である。幸い、そんなに先までは生きていそうにないことを喜ぶべきだろう。

     忘れてはいけないことは、今後デジタル時代が全面展開するといっても、ICつまり情報と通信と商業に関わる技術がデジタル化するだけで、農業や工業という物質の生産過程の根幹はアナログであり、それがなければ人間は生きていけないということである。そして、人間そのものの存在や思考も本来アナログ的であり、決して0と1の組み合わせに分解できないということも。

    残り794文字(全文1197文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事