教養・歴史書評

『地面師』『科学立国の危機』『なぜ日本の会社は生産性が低いのか?』『リバタリアニズム』

    『地面師』 森功著 講談社 1600円

     持ち主になりすまして他人の土地を奪い、第三者に売り渡す詐欺集団「地面師」。警視庁に届け出られた被害件数はここ数年で50を優に超えるという。土地取引に慣れているはずの大手住宅メーカーや不動産会社、ホテルチェーンもだまされたのはなぜか? 有力ジャーナリストが、なかなか表に出ない生態を解き明かす。黒幕と無関係の人間を地主役として雇い演技指導、弁護士や司法書士も巻き込み信用させるなど、悪質で巧妙な手口には背筋が寒くなる。(W)

    残り731文字(全文962文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事