週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

スウェーデン 暴風雪で最大3週間停電 損害賠償は50億円=綿貫朋子

     1月初め、暴風雪「アルフリーダ」がスウェーデン中部を襲った。沿岸部では最大瞬間風速が38メートルに達し、森林や家屋などに大きな損害を与えたほか、首都ストックホルム近郊の沿岸地域を中心におよそ10万世帯が停電し、自宅の暖房が止まったため避難を強いられた住民は多い。スウェーデンテレビ(SVT)によると、復旧に最長で約3週間要したといい、送電各社は停電の賠償として10万世帯に総額約4億クローナ (約50億円)を支払うという。

     スウェーデンでは2005年にも暴風雪で約73万世帯が停電。これを契機に電力の安定供給を目指し「計画外の停電は24時間以上続いてはならない」「12時間以上続いた場合、送電会社は消費者に賠償金を支払う」ことが電力法に定められた。

    残り300文字(全文625文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事