国際・政治話題の記事

ファーウェイ製品の排除問題 中国の報復で米同盟国間に亀裂 コストと安全の二兎追えない5G=山崎文明

    英、豪、ニュージーランドはファーウェイ排除論に慎重に対応している(Bloomberg)
    英、豪、ニュージーランドはファーウェイ排除論に慎重に対応している(Bloomberg)

     米トランプ政権が同盟国などに対し、次世代高速通信網「5G」のインフラ構築に中国の通信機器大手ファーウェイの製品を、安全保障上の問題から使用しないよう働きかけている問題で、同盟国側では排除に慎重な姿勢を示す国が出始めるなど足並みの乱れが顕在化している。

     英政府機関の通信本部国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は2月17日、ファーウェイ製品を5Gのシステムに使用しても、リスクを制限する方法があると結論付けた、と英BBCが報じた。また、ニュージーランド政府は、2018年11月に同国の大手通信事業者スパーク・ニュージーランドが提出したファーウェイ製品を使用した5Gモバイルネットワーク整備計画を一度は却下したが、2月18日にはアーダン首相が会見で「ボールはスパーク側にある」としてリスク判断をスパーク側に任せるとし、ファーウェイ排除論のけん制に転じた。

     米国にとって深刻なのは、「UKUSA(United Kingdom-United States of America)と呼ばれ、機密情報を共有する協定で深く結びついた米国、英国、カナダ、豪州、ニュージーランドの5カ国(通称「ファイブ・アイズ」)の間で温度差が広がっていることだ。米国が強硬な姿勢を貫けば同盟国間に亀裂が深まる可能性がある。

    残り1001文字(全文1552文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事