国際・政治エコノミストリポート

米朝首脳「決裂」 吹き飛んだ韓国内の楽観 文政権の「次」=徐台教

    何らかの「合意」実現を想定していた米朝首脳会談を伝えるニュース映像。撮影は2月28日午後3時40分過ぎ(Bloomberg)
    何らかの「合意」実現を想定していた米朝首脳会談を伝えるニュース映像。撮影は2月28日午後3時40分過ぎ(Bloomberg)

    「文在寅(ムンジェイン)大統領が午後4時から、米朝首脳による『ハノイ宣言』署名式を執務室のテレビで補佐陣たちと見守る予定だ」

     ベトナム・ハノイで2日目の米朝首脳会談が行われていた2月28日の午後2時過ぎ、韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙(キムウィギョム)報道官は定例記者会見の中でこう明かした。さらに、同日ソウルで行われていたUAE(アラブ首長国連邦)の皇太子と文大統領の首脳会談に、青瓦台安全保障政策のトップ、鄭義溶(チョンウィヨン)国家安全室長が参席しなかったことを問う記者に「忙しいのをご存じでしょう」と笑った。

     だが同じ時刻、ハノイでは異変が起きていた。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労…

    残り3111文字(全文3419文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット