国際・政治注目の特集

インド・パキスタン交戦 核保有国同士に緊張高まるも危機的状況はひとまず回避へ=石井順也

    強硬姿勢を打ち出すインドのモディ首相(Bloomberg)
    強硬姿勢を打ち出すインドのモディ首相(Bloomberg)

     インド空軍機が2月26日、隣国パキスタン北東部で空爆を行った。インドとパキスタンは領有権を争うカシミールで何度も衝突しているが、空軍機の領空侵犯と爆撃は1971年の第3次印パ戦争以来となる。インド、パキスタンともに核保有国であり、両国の交戦は周辺地域のみならず世界を震撼させている。

     空爆のきっかけとなったのは、カシミールのインド実効支配地域で同月14日、パキスタンに拠点をもつ武装勢力の自爆テロによって、インドの治安部隊約40人が死亡した事件である。過去20年間に起きたこの地域のテロ事件の中で最多の犠牲者を出し、その報復としてイスラム武装勢力の拠点を攻撃。インド政府は多数のテロリストを殺害したと発表した。

     一方、パキスタン側も27日、空軍機がカシミールのインド地域を空爆。交戦に入ったインド空軍機を撃墜し、パイロットを拘束した。パキスタンは2日後にパイロットを解放し、カーン首相が対話を呼び掛けたが、インドは応じる姿勢を見せていない。カシミールの国境地帯では砲撃戦が起こり、住民が避難する事態となった。

    残り900文字(全文1355文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事