週刊エコノミスト Online終活で頼れる税理士・司法書士・社労士

就業規則を自動作成するクラウドサービス登場 「他社動向」も参照

    「有給休暇の申請は、取得日の何日前までにするか」。専用サイトに表示されたこんな質問に答えていくと、1日で社会保険労務士が監修した就業規則ができる──。フラクル(大阪市)が昨年7月にスタートさせたクラウドサービス「HRbase就業規則」は現在、約150社が利用している。

     フラクルは社労士の三田弘道社長(33)が2015年に起業。質問は、休職期間や副業・兼業など、就業規則の中で会社ごとに設定する部分をピックアップした。

     特徴は、回答に迷ったら、法律のほか、これまでの回答データから「他社はどうしているか」を参照できること。例えば、冒頭の有給休暇の申請期限を問う質問には「1週間前まで」と答えたのが59%で最も多いことが円グラフで分かる。こうした情報を基に、勤務シフトに余裕がない会社なら長めに設定するなど、自社で判断しやすくなる。

    残り427文字(全文792文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事