教養・歴史ワイドインタビュー問答有用

「次回作は原爆がテーマの長編です」『ニムロッド』で芥川賞 上田岳弘=作家/736

    「普通にたくましく生きていくだけでは、こぼれてしまうものがある」 撮影=武市公孝
    「普通にたくましく生きていくだけでは、こぼれてしまうものがある」 撮影=武市公孝

    仮想通貨をモチーフに現代社会の不安をあぶり出した小説『ニムロッド』で今年1月、第160回(2018年下半期)芥川賞を受賞した。急激に進むテクノロジー、台頭する巨大プラットフォーム企業へも警鐘を鳴らす。

    (聞き手=稲留正英・編集部)

    ── 第160回(2018年下半期)の芥川賞受賞作『ニムロッド』では、さまざまなモチーフが登場しますね。

    上田 大きなモチーフが二つあります。仮想通貨と「駄目な飛行機」です。ビットコインなどの仮想通貨は、自分が所属するIT業界のホットな話題なので、取り上げることに特に抵抗はありませんでした。純文学が対象の芥川賞で扱うという文脈で見た場合は、ちょっと評価されづらいだろうとは考えましたが。

    残り4759文字(全文5066文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月1日号

    キャッシュレス大混乱16 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害 ■村田 晋一郎/加藤 結花19 増税に間に合わない! ポイント還元店舗は全体の3割 ■村田 晋一郎20 賢く選ぶポイント還元 中小は5%、コンビニ大手が独自還元も ■風呂内 亜矢22 キャッシュレスの勝者 スマホ決済は「 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット