教養・歴史書評

公務員の政治化を憂え 専門性再獲得に向け提言 『官僚たちの冬 霞が関復活の処方箋』 評者・小峰隆夫

    著者 田中秀明(明治大学大学院教授) 小学館新書 800円

     加計学園問題、統計の不正処理などの不祥事が続く中で、官僚のあり方が改めて問われている。これは、一部の官僚が間違っただけなのか、官僚組織に潜む構造的な問題の表れなのか。後者だとすれば、同種の問題はこれからも起こり得ることになり、深刻度は一段と大きい。本書の診断は「政治主導の名の下に行われてきた行政改革や公務員制度改革の設計及び運用に問題があった」というものだ。問題は深刻なのだ。

     評者は経済企画庁で長い間官僚生活を送ってきたので、政治と官僚の関係、公務員のあり方などについては強…

    残り885文字(全文1154文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット