週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド 縫製業エチオピア進出 無関税で欧米へ=天野友紀子

 インドの縫製企業の間で、エチオピアに生産拠点を設ける動きが加速している。主要な仕向け先である欧米市場に対して無関税で輸出できることや、人件費の安さが魅力だ。

 インドの衣料品大手アービンドは、首都アディスアベバなどで6工場を運営し、スウェーデンの「H&M」など欧米ブランドの衣料品を生産。同じインド衣料品大手のレイモンドは2017年にエチオピア工場を稼働し、米国向けにスーツを出荷中だ。

 欧州連合(EU)は、武器以外の全品目を数量制限なしに無関税でEUに輸出できる「EBA協定」で、また米国は「アフリカ成長機会法」で、エチオピアからの輸入に対していずれも関税を免除する。

残り305文字(全文590文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」 ■金山 隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事 「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱 ■藤後 精一20 EV電池の送 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事