法務・税務エコノミストオンライン

消費税引き上げは「自動車税」と「法人税」にどう影響するか=佐藤主光

    図1 法人事業税を巡る変遷(概念図)
    図1 法人事業税を巡る変遷(概念図)

     2019年度税制改正の軸は、消費税引き上げ対策にある。税率の引き上げ(8→10%)による消費減を抑える観点から、自動車税(地方税)が引き下げられることになり、自動車税減収分を埋める措置が取られた。そして、消費増税の一部(2%のうち0・5%)は地方消費税として都道府県に回る。

     ただ、地方消費税は消費額や人口によって配分額が決まるため、都市と地方の間で税収格差が広がる懸念がある。そこで、地方間の税源の偏在を是正する改正が行われた。法人事業税(都道府県税)の一部を国税化して特別法人事業税とし、国がいったん徴収した税収を特別法人事業譲与税として人口などに基づき都道府県に配分する。

     一連の改正には「地方財源への配慮」がうかがえる。しかし、その配慮は、経済のグローバル化、デジタル化といった経済・産業構造が変化する中、機動的な税制改正の妨げになっているのではないだろうか。

    残り2357文字(全文2742文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事