週刊エコノミスト Online終活で頼れる税理士・司法書士・社労士

認知症で資産塩漬け 家族信託、成年後見の両極化=黒崎亜弓

     高齢化が進むなか、2030年時点で認知症患者の保有する金融資産は215兆円、家計の金融資産の1割に達するとの試算がある(第一生命経済研究所の星野卓也氏)。認知症だと本人の意思確認が難しいとして、金融機関や証券会社は金融取引に応じない。不動産の売買なども同様だ。かつては家族による手続き代行も容認されていたが、コンプライアンス(法令順守)強化の姿勢が強まっている。

     財産に手をつけられないばかりか、さまざまな契約の面でも支障を来す事態に対処するために設けられているのが成年後見制度だ。親族などの申し立てを受けて家庭裁判所が選任した成年後見人が、本人に代わって財産管理と生活面の手続きを担う。必ずしも申し立てた親族が選任されるとは限らず、司法書士や弁護士、社会福祉士といった専門職が選任されるケースの方が多い。18年には選任件数3万6298件のうち、司法書士は1万5…

    残り2109文字(全文2491文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事