週刊エコノミスト Online終活で頼れる税理士・司法書士・社労士

大廃業時代の役割 中小企業の親族外M&Aをサポート=黒崎亜弓

     日本経済、特に雇用を支えるのは中小企業だが、その先行きが危ぶまれている。中小企業庁によると、約380万人の中小企業・小規模事業者の経営者のうち、70歳以上が245万人を占め、うち約半分が後継者が未定という(2016年度時点)。これを放置すると、25年ごろまでの間に650万人の雇用と22兆円のGDP(国内総生産)が失われると危惧される。

     そんななか、親族以外の法人や個人に事業を託すM&A(企業の合併・買収)の裾野が広がっている。従来は買い手探しや交渉を仲介事業者に頼らざるをえず、手数料が割にあわない小規模案件は門前払いというのが実情だったが、マッチングサイトの登場で状況が大きく変わった。第三者に事業を譲ることについて心理的な抵抗も下がっている。

    残り1673文字(全文1999文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事