教養・歴史書評

反発から手にした本に圧倒され、力をもらう=孫崎享

    ×月×日

     私は比較的美術館を訪れるほうだ。19世紀の中ごろ、英国で活躍したラファエル前派の代表作にジョン・エヴァレット・ミレー作『オフィーリア』がある。オフィーリアが川に浮かんだ姿を描いた絵で、もちろん美女である。

     宝島社が企業広告に「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のキャッチコピーと共に、オフィーリアの代わりに樹木希林を水に浮かばせる写真を発表した。「やめてよ」である。

     本屋に行ったら、この写真を表紙にした『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(樹木希林著、宝島社、1200円)があった。写真に強い反発を持っていたから逆に手にすることになった。「…私の顔。これはミスして出て来ちゃったわけですよ(笑)。でもこのミスを活かそうと思ってやってきた」。

    残り970文字(全文1304文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事