教養・歴史書評

『イノベーションと技術変化の経済学』 評者・土居丈朗

    著者 岡田羊祐(一橋大学大学院教授) 日本評論社 2800円

    イノベーションとは何か 理解促す平易な鳥瞰図

     第4次産業革命が注目され、イノベーションが時代を切り開いている。

     イノベーションとは何か。その本質を経済学的に理解したかった人にとって、本書は待望の書といえる。

     イノベーションは、無形であるが故に、捉えがたいところがある。本書では、技術とイノベーションを峻別(しゅんべつ)し、生産活動において、インプットをアウトプットに変換する関係を「技術」と呼び、生産活動に利用される技術が変化するプロセスを「イノベーション」と呼ぶ。

     そして本書では、イノベーションの効果をいかに測定するか、研究開発投資の評価基準をいかに設けるか、知的財産制度や競争制度、イノベーション政策が直面する課題は何かについて問うている。

    残り867文字(全文1220文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事