法務・税務終活で頼れる税理士・司法書士・社労士

相続編 過払い相続税 「還付バブル」は崩壊 申告額も小粒化=岡田英

    相続税の申告では、土地評価の減額要件が節税の鍵になる
    相続税の申告では、土地評価の減額要件が節税の鍵になる

     払いすぎた相続税を取り戻す「還付バブル」がはじけた。国税庁が、還付バブルの主な発生要因となっていた「広大地」という土地の評価ルールを2018年の相続分から変更し、相続税評価の際の減額率を大幅に縮小したためだ。さらに、1件当たりの相続額が小粒化していることも背景にある。

     相続税の申告は被相続人の死後10カ月以内に行う必要がある。その当初申告を、相続専門の税理士が「セカンドオピニオン」として「間違い探し」をする。過払いが判明すれば税務署に取り戻しを請求(更正の請求)。税務署に認めれば還付され、税理士は成功報酬を得る。この「還付ビジネス」は、11年に請求期間が1年から5年に延長されたのをきっかけに広がり、15年に相続税がかかる遺産の基準引き下げで課税対象が拡大すると増加ペースが加速。「バブル」さながらの活況を呈した。沖田不動産鑑定士・税理士事務所の沖田豊明所長は「2億円戻って来たこともあった」と振り返る。

     なぜ「間違い」が起こるのか。税理士の多くは、企業顧問として所得税や法人税の扱いには慣れているが、相続税申告はまれ。特に、相続する土地の評価では、さまざまな減額要件を適用するほど評価額を抑え、相続税を少なくできるものの、適用できるかを見極めるには知識や経験がいる。そのため、不慣れな税理士ほど減額要件を見落としたり、税務署から「過少申告」を指摘されるのを恐れて高めの土地評価で申告し、過払いが発生して…

    残り1645文字(全文2251文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事