国際・政治ワシントンDC

なぜフォックス・ニュースは「トランプびいき」なのか=高井裕之

    ウォレス氏(右)はメキシコとの国境対策を巡ってミラー氏を問い詰めた (フォックス・ニュースのユーチューブチャンネルから)
    ウォレス氏(右)はメキシコとの国境対策を巡ってミラー氏を問い詰めた (フォックス・ニュースのユーチューブチャンネルから)

     メディア大国の米国では、数多くの媒体が膨大な情報を多言語で日々流している。筆者も当地に赴任後は日本語放送を一部に限定して現地メディアを見るようにしている。特にトランプ時代はテレビが大統領の主要情報源となっているがゆえに、彼の言動を知るには有益なツールだからだ。

     大統領は一日の執務時間のうち6割を「エグゼクティブ・タイム(大統領が1人で過ごす時間)」に充て、オーバルオフィス(大統領執務室の名称)でテレビを見て過ごすことが多いとされる。中でもお気に入りが「フォックス・アンド・フレンズ(フォックスと友人たち)」という午前6時からのニュース番組だ。この番組は、彼の日々の情報源でありツイートのネタ元にもなる。

     番組を放映するのは、米国最大のケーブルテレビ局「フォックス・ニュース・チャンネル」である。米国には…

    残り1136文字(全文1490文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット