週刊エコノミスト Online始まる!働き方改革法

高度プロフェッショナル制度 導入予定企業はごくわずか 「健康管理時間」の把握が課題=岡田和樹

    高度プロフェッショナル制度導入の主な条件
    高度プロフェッショナル制度導入の主な条件

    詳しくはこちら

     働き方改革関連法の目玉の一つとされた「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)が4月1日から施行される。一定の年収を得ている管理職や専門職の労働者には残業代や深夜労働の割増賃金を払わなくていいとする制度で、米国の「ホワイトカラー・エグゼンプション」が基になっている。2005年に日本経済団体連合会がこの制度の導入を提言して以来、ようやく実施されることになった。

     この間、何度も立法化の動きがあったが、そのつど「過労死促進法案」とか「残業代ゼロ法案」という批判がおき、実現しなかった。しかし、出来上がった制度を見てみると、ホワイトカラー・エグゼンプションとは似ても似つかぬものになってしまっている。「スパゲティボンゴレ」を頼んだら、「海鮮焼きそば」が出てきたというところだろうか。ボンゴレにも海鮮焼きそばにもアサリは入っているが、そもそもスパゲティと焼きそばは違…

    残り2149文字(全文2536文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事