週刊エコノミスト Online

シリコンバレー 鳥感染性ウイルス拡大 恒例展示会も中止に=中島和宏

     カリフォルニア州のシリコンバレーにあるレッドウッド市で3月中旬、「ニューカッスル病」と呼ばれる鳥の感染性ウイルスの検出が報告された。同州では昨年5月、ロサンゼルス市郊外でこのウイルスを確認。12月にはリバーサイド郡の食肉養鶏場地帯で鶏約11万羽が感染したのをはじめ、南カリフォルニアだけで鶏約100万羽が感染し、殺処分された。北カリフォルニアへは野鳥によりウイルスが運ばれた可能性が高い。

     同州では、年間産出額が約25億ドル(約2800億円)と言われる家きん産業への影響を考慮。被害のあった地域を中心に、南部の広い地域で鳥類の移動を禁止したり、検疫を実施したりしている。また鳥類の飼い主に対し飼育小屋の管理、飼料店では使い捨て靴カバーの着用、新たな家きん類の購入の禁止などさまざまな手を打ってきた。

    残り227文字(全文577文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事