テクノロジー特集

がんに勝つ薬 関連銘柄1 バイオベンチャー 風邪ウイルスやヘルペスで破壊 「創薬ベンチャー」への飛躍は目前=山崎清一

    【腫瘍溶解性ウイルス】

     がん治療薬開発は、「オプジーボ」に代表される免疫チェックポイント阻害剤と併せて使うことで治療効果を高める薬の開発にシフトしている。その一つが「腫瘍溶解性ウイルス」だ。がん細胞にのみ感染したり、がん細胞内だけで増えるタイプのウイルスを薬として投与する治療法で、ウイルスががん細胞内で猛烈に増殖し、やがてがんを破壊する。米国では2015年に遺伝子改変ヘルペスウイルスを使った米アムジェンの「イムリジック」が悪性黒色腫を対象に世界で初めて承認されている。

     日本のバイオベンチャーのタカラバイオは、単純ヘルペスウイルス1型の弱毒化株を利用した「C-REV(旧称HF10)」の開発を進めている(図)。遺伝子改変を行っていない自然変異型のウイルスで、名古屋大学が発見し、10年にタカラバイオが商業化権を取得した。

    残り2398文字(全文2760文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット