マーケット・金融

財政赤字許容する「現代金融理論」 投資の神様も「リスクあり」と批判=岩田太郎

    「現代金融理論」を提唱する米ニューヨーク州立大学のケルトン教授(Bloomberg)
    「現代金融理論」を提唱する米ニューヨーク州立大学のケルトン教授(Bloomberg)

    「米政府は通貨を限度なく発行する権利を持っているため、国の借金返済が滞る債務不履行は起こらない。経済成長と雇用の増加が続いている限り、政府債務残高はいくら増加しても問題ない」──。こんな学説が米論壇で熱い議論を巻き起こしている。

     米政治ニュースサイト「ザ・ヒル」は3月16日付の記事で、「この説は現代金融理論(MMT)と呼ばれ、経済学の主流ではない。だが、(欧州型の)国民皆保険制度や(気候変動対策として化石エネルギーから再生可能エネルギーへと完全転換を目指す)グリーン・ニューディールを支持する民主党左派の間で広がりを見せている」と解説した。

     さらに、「民主党のオカシオコルテス下院議員は、『国民皆保険やグリーン・ニューディールの財源として、MMTは不可欠だ』と主張している」とし、MMTが左派的な政策の財政的な裏付けとされていると指摘した。

    残り1100文字(全文1472文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット