週刊エコノミスト Online論壇・論調

米中企業の買収防止に国有化 独経済相の保護政策に批判=熊谷徹

    アルトマイヤー経済相の大企業保護政策に批判(Bloomberg)
    アルトマイヤー経済相の大企業保護政策に批判(Bloomberg)

     欧州では、アルトマイヤー・独連邦経済エネルギー相が発表した産業保護政策をめぐって激しい議論が行われている。

     ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は、2月5日付の電子版で「アルトマイヤー氏は『国家産業政策2030』という政策提言書の中で、『中国企業などによる買収攻勢が強まる中、安全保障や経済政策の面で重要な業種については、ドイツ政府が資本参加して買収から守るべきだ』という方針を打ち出した。同氏は保護の対象として自動車、化学、光学、医療機器などを挙げ、シーメンスなどの大企業の保護に力を入れることを明らかにした。また大企業の合併に関するEU規制も緩めるべきだと主張する」と伝えた。

     また、FAZは「アルトマイヤー氏は『今後は米中企業が独占的な力を発揮し、ドイツ企業を買収しようとするケースが増える。民間努力だけでは防げない場合、政府が最後の手段として部分的に国営化する可能性を残すべきだ』とも述べている」と説明した。

    残り1050文字(全文1473文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事