国際・政治論壇・論調

今年の全人代「異例の響き」とは?=坂東賢治

    異例の政治活動報告となった全人代(習近平氏=中央=と李克強氏=右)(Bloomberg)
    異例の政治活動報告となった全人代(習近平氏=中央=と李克強氏=右)(Bloomberg)

     例年3月5日に開幕する中国の全国人民代表大会(全人代=国会)。冒頭の首相による政府活動報告は前年の実績を自画自賛し、今年の目標実現に自信を見せるのが通例だが、経済減速が顕著になる中で行われた今年の李克強首相の報告はこれまでの予定調和的な内容とは程遠かった。

     昨年の経済成長率は6.6%と28年ぶりの低い水準に終わり、今年の中国経済にも暗雲が漂う。李首相は「国内経済の下押し圧力が強まっている」と認め、「予測できるリスク・試練と、予測できないリスク・試練が増加する」と「激闘に向けた準備」を強調した。

    「異例の響き」と書いたのはドイツ紙『ウェルト』(3月6日)だ。米紙『ロサンゼルス・タイムズ』(同)は…

    残り1149文字(全文1449文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット