教養・歴史書評

『スーパーカブは、なぜ売れる』『文化と営利 比較経営文化論』『生きものとは何か』『強制不妊 旧優生保護法を問う』

    『スーパーカブは、なぜ売れる』 中部博著 集英社インターナショナル 1500円

     生産累計1億台を突破したロングセラーのバイク「スーパーカブ」。世界中で愛される理由をモータージャーナリストが徹底取材した。一貫して庶民性を追求し、高性能エンジンや自動クラッチなどの機能を廉価で実現。簡素だが日本的なエキゾチシズムを備えたデザインやまたぎやすいシルエットを採用、各国の実情に合わせ名称や仕様を柔軟に変えた。そのビジネスモデルはまさに鉄壁で、著者の言う通り「売れるべくして売れた商品」なのだと驚嘆。(W)

    残り731文字(全文979文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事