教養・歴史書評

アメリカ 大統領長女夫妻の暴露本が話題=冷泉彰彦

     ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカ・トランプとその夫ジャレッド・クシュナーの夫妻は、政権発足と同時に顧問の肩書でホワイトハウスにオフィスを構えている。

     この夫妻に関する暴露本『クシュナー株式会社 貪欲・野心・腐敗、ジャレッド・クシュナーとイバンカ・トランプの物語』(原題『Kushner, Inc.:Greed. Ambition. Corruption.The Extraordinary Story of Jared Kushner and Ivanka Trump』)が話題となっている。著者はビッキー・ワード氏で、過去には不動産業界や投資銀行に関するルポルタージュを出版している経済ジャーナリストである。

     本書は、2017年1月のトランプ大統領就任式の晩から始まる。祝賀ディナーに集まったクシュナー家は、…

    残り627文字(全文986文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット