【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

アメリカ 大統領長女夫妻の暴露本が話題=冷泉彰彦

 ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカ・トランプとその夫ジャレッド・クシュナーの夫妻は、政権発足と同時に顧問の肩書でホワイトハウスにオフィスを構えている。

 この夫妻に関する暴露本『クシュナー株式会社 貪欲・野心・腐敗、ジャレッド・クシュナーとイバンカ・トランプの物語』(原題『Kushner, Inc.:Greed. Ambition. Corruption.The Extraordinary Story of Jared Kushner and Ivanka Trump』)が話題となっている。著者はビッキー・ワード氏で、過去には不動産業界や投資銀行に関するルポルタージュを出版している経済ジャーナリストである。

 本書は、2017年1月のトランプ大統領就任式の晩から始まる。祝賀ディナーに集まったクシュナー家は、ユダヤ教による金曜日の礼拝を始めるが、そこでジャレッドの父親のチャールズは、ジャレッドの弟のジョシュを罵倒する。チャールズは、ジョシュが下着モデルの女性との交際を続けているのが気に入らないのだ。このエピソードでクシュナー家が持っているユダヤ教に基づく厳格な価値観を紹介、その価値観がジャレッドとイバン…

残り477文字(全文986文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事