教養・歴史書評

多文化・異文化問題で歴史の先例を読む=本村凌二

     時計まわりでたどれば、ロシア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、スロバキア、チェコ、ドイツに囲まれた国、それがポーランドである。ここには中世末からユダヤ人が大量に移住してきて、世界のユダヤ人の大半が住むようになった。第二次大戦前には、ポーランドの人口の13%がユダヤ人だったという。

     ここを舞台にして、エヴァ・ホフマン『シュテットル』(みすず書房、 5400円)は副題にある「ポーランド・ユダヤ人の世界」を描き、20世紀最大の悲劇に迫る。東欧系ユダヤ人が使うイディッシュ語の「シュテットル」は「小さな町」の意で、とりわけ東部国境近くにあるブランスクの町に焦点が当たる。戦前、約4600人の住民がおり、半数以上がユダヤ人であったが、現在そこにはユダヤ人はいないらしい。

     ナチスのドイツ人兵士は恐ろしく険しい顔をしていたが、不思議なことに、ユダヤ人にとっては憎むべき相手…

    残り459文字(全文844文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月2日号

    老後2000万円貯める! おまかせ投資16 高まるアクティブ人気 中小型株は「宝の山」 ■稲留 正英/吉脇 丈志18 投信の「迷信」を斬る! 危うい「インデックス信仰」 “本格志向”投信の選び方 ■中野 晴啓20 開示資料は情報の宝庫 投信と長く付き合うための“五つのP” ■竹川 美奈子22 外国株 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット