教養・歴史書評

中国、九州地方で発売日がさらに遅延=永江朗

     出版物流が危機的な状況にある。ついに4月1日から、中国地方5県と九州7県で、雑誌と書籍の発売日がこれまでよりもさらに1日遅れる事態となった。取次会社の団体、日本出版取次協会が発表した。

     従来でも中国・九州地方は首都圏や関西圏より1~2日遅れての発売だった。4月以降、その差がさらに拡大することになる。雑誌によって異なるが、たとえば首都圏で火曜日発売の週刊誌が、中国・九州地方では水曜日発売から木曜日発売へと変更されるケースもある。

     同協会のニュースリリースによると、変更は輸送会社からの要請を受けてのもの。輸送の現場では「運行管理・労務管理上、法令違反の状態にあり、出版物の継続的かつ安定的輸送の維持及び法令を遵守するために」輸送スケジュールを変更せざるを得ない、としている。慢性的な人手不足によって、トラックドライバーの拘束時間や休憩時間、連続運転時間などが、法令の基準を満たせなくなっているのだ。

    残り486文字(全文887文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事