教養・歴史書評

『両利きの経営 「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く』 評者・後藤康雄

    著者 チャールズ・A・オライリー(スタンフォード大学経営大学院教授) マイケル・L・タッシュマン(ハーバード・ビジネススクール教授) 入山章栄/監訳・解説 冨山和彦/解説 渡部典子/訳 東洋経済新報社 2400円

    探索と深化の両立目指し、組織運営の処方箋提示

     現代に生きる組織人必読の書の登場である。タイトルの「両利きの経営」とは、新興企業の神髄である大胆さと、成熟企業に必要な丁寧さの双方を実現する経営を意味する。言い換えれば、環境に応じて新分野を探る「探索」と、そこで得られた知識に基づき可能性を深掘りする「深化」を両立させるマネジメントである。本書は、経営学で確立されたこの重要な考えを、第一人者が多くの事例を交え解説した啓蒙書だ。

     企業の成熟につれ、リスクの高い探索活動より相対的に手堅い深化にウエートが偏りがちなのは、本書が指摘…

    残り924文字(全文1292文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット